読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの場所

たくさんの出会いと別れがありますが、いつもここに居るんだな。と見てやって頂ければ幸いです。

「覚悟」の勘違い。


f:id:Chois:20170402010305j:image

3ヶ月ぶりの海♬

 

 

てき‐しょく【適職】

その人の能力・才能などに合った職業。

「適職を選ぶ」

 

てんしょく【天職】

〔天から与えられた職務の意〕

その人の性質・能力にふさわしい職業。

「教師を-と考える」

神聖な職業。特に、天子が国家を統治する職務。

江戸時代の遊女の階級の一。天神てんじん。

(大辞林 第三版の解説)

 

 

何が向いてるかって?

やってみなきゃ分かんないよ。

頭の中で考えていないで

飛び込んでみようよ。

出来るか出来ないか

ではなくて

続けられるか続けられないか

 

続けられなかったら

向いてないのか?

んなこたぁない。

 

たまたまだよ。

 

 

十数年前。。。

 

 

 

「わしはお前と親父のどちらについてったらええんじゃ?」

 

独り身になった親父の家業を

専属で手伝いながら

その真似事で生計を立てていた私に

ひとりの古物商が突然

大真面目に聞いてきた。

 

昔ながらのやり方の親父

新しい方法を取り入れ

その真似事をする私

 

やり方の違いがその質問を招いた。

 

はじめはそう思った。。。

 

(えー!!!そんなの分かんないや)

 

言いかけたが。。。

 

大きなグリグリした目で

じーっと見つめられ(ㆆωㆆ)

 

(まずいな。。。真剣だ。どうしよう(T^T))

 

頭の中がフル回転(。-`ω´-)ンー

 

幼少期から当たり前のように

見てきたこの世界を

遡って振り返る。。。

(もちろんそのグリグリ目も居る)

 

任侠映画かVシネマ

そんな光景が蘇る。

 

(やり方の違いで聞いてるんじゃないな)

 

質問の真髄が分かったような気がした。

(ホントのところは未だに分からない)

 

後継ぎだ

 

私には向いてないと思った。

親父にもその気はなかったと思う。

(今は引退している)

 

「私、そのうち嫁に行くから」

(継がないよと言いたい)

と答えると

「分かった。ええ嫁になれ」

(伝わったのか?)

とだけ答え

グリグリした目を古美術品に向けた。

(おーい!ホントに伝わったのか?)

 

 

かくご【覚悟】

( 名 ) スル

危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること。 「決死の-」 「危険は-の上だ」 「 -はできている」

〘仏〙 悟りを開くこと。

知ること。 「郎従小庭に伺候の由、全く-仕らず/平家 1」

覚えること。 「本歌を-す/徒然 238」

観念すること。あきらめること。 「がつきめ、御意ぢや-せい/狂言・武悪」

(大辞林 第三版の解説)

 

 

嫌だったわけではない

あまりにも当たり前に

そこに居ただけ

 

何が起こっても

(かなりやんちゃな事があったりした)

皆に守ってもらってたんだ

 

私はその世界から身を引いた

 

向いてない

んではなくて

覚悟ができなかっただけ

 

 

その時覚悟のなかった自分が

恥ずかしくもあり

それを取り繕うべく

何事にも取り組む姿勢が変わった。

 

「あの答えは間違いなかった」

 

そう言うために

後悔しないために

自分の選択を肯定するために

良き出来事とするべく

姿勢が変わった。

 

そして数年後

「あの答えは間違いなかった」

胸を張って言えるようになった。

 

(今となってはこれも無理やりだな)

 

 

そしてあの時の覚悟

後継ぎとして立派にやっていく覚悟

ではなくて

今まで通り守り続けてもらう覚悟

がなかったんだと

 

自分の勘違いを

かなり後に気付くことになった。

 

 

 

【今日のチビへのひと言】

あなたは今自分自身を生きているから

 

私が人に自分の時間を惜しげもなく使うことについて、「私にはそれが出来ない」と愛娘に言われた時にでたひと言。

(褒めてくれるの嬉しいんだけど。。。内容ちゃんと伝わってるのか?)