読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの場所

たくさんの出会いと別れがありますが、いつもここに居るんだな。と見てやって頂ければ幸いです。

マイルールとマイノリティ


f:id:Chois:20170416012541j:image

私の育った海♬

小学生の夏休み

朝起きたらここに来て

お昼を食べたらまたここに来た。

今はチビ達と年に数回

ここに来る。

 

 

 

本日じんわりと筋肉痛。。。

(運動不足だな( ・ิ_・ิ ))

 

 

昨夜、クルトン体操という汗をかかない

『リラックスしながら身体をほぐす』という体操に行き、なるほど体操自体はゆったりと身体をほぐしていくものであった(*´ω`*)

 

が。。。

私が良い加減というものがなかなか出来ないために「足首をクルクル回しましょう」「足の指をつまみましょう」なぁんて指示で思いっきりギュウギュウとつまんだり、グールグルと回したり。。。していた腕の筋肉が筋肉痛。。。σ( -ω- ; )

(何しとんねん。。。)

 

まあ不器用で身体のかたい私を見て、チビ達に『ガンダム』と呼ばれるようになってしまった。( ・ิ_・ิ )

 

頭の中は柔らかいんだが。。。

 

今日長年付き合いのある方と

何気に色んな話をしていたら

「この家には独自のマイルールがある。自分もそれでやっていこうと思うようになった。」

と言われ(*゚O゚*)))ビックリ!!!

 

確かにうちには独特のルールがある。

外の人にはビックリされたりもする。

 

その方が言うには

「普通はさぁ〜」

「一般的にはね〜」

「ほとんどの人は〜」

「その年になれば〜」

「皆はそうするよね」

「大抵そうだよね」

みたいなものがまぁ〜ったく

当てはまらないと言うか

基準が無いと言うか

ズレてると言うか。。。

少数派(マイノリティ)だ。

(そんな事思ってたのかよ(ㆆωㆆ))

 

それもいいな!!と思ったそう。

 

一般論は理解できる。

それはあくまでも多数派(マジョリティ)と言われる意見であり、相対して少数派(マイノリティ)が居るという事。

 

すべては両面

紙1枚でも

表面と

裏面があり

そのどちらかだけでは

物質すら存在はありえない。

 

マジョリティがいれば

マイノリティがいる。

 

どちらがいいという訳ではなく

自分が今どちら側なのかを

きちんと判断できる状態であれば

自身が良いと思われる方向へ

導いて行くことが出来るのではと

私は思っている。

 

何もかもが破天荒な

訳ではなく

「この考えは」とか

「この意見は」など

物事ひとつひとつによって

自分の思いは

多数派だったり

少数派だったり

それぞれ違う。

 

そのそれぞれを

キチンと整理整頓して

独自のマイルールが出来ていく。

 

最後はいつも

自分に正直に

従っていく。