読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの場所

たくさんの出会いと別れがありますが、いつもここに居るんだな。と見てやって頂ければ幸いです。

求めず生きる。


f:id:Chois:20170310190042j:image

今朝のコメダ

 


他者承認と自己承認


承認欲求は承認されたい対象によって、おおむね2つのタイプに大別される。ひとつは他人から認められたいという欲求であり、もうひとつは自分の存在が理想とする自己像と重なるか、あるいはもっと単純に今の自分に満足しているか、という基準で自分自身を判断することである。前者を他者承認と呼び、後者を自己承認と呼ぶ。(Wikipediaより抜粋)

 

 

日々の生活だったり、

人生そのものだったり、

ひとつのプロジェクトだったり、

毎日の仕事だったり、

いろんな事柄に焦点をあてて、それぞれに承認欲求があると思うんだけど

 

この承認欲求がどんな形であれ(いくつかの種類があるらしい)ある程度満たされていると、「充実感」や「責任感」がうまれるようだ。

 

って。。。

他人のものさしで測ったあなたの承認と

自分のものさしで測ったあなたの承認

どちらも同じくらい!?

 

それは。。。

 

雨も降って欲しいけど

濡れたくないし。。。

汗かきたくないけど

寒いのやだし。。。

筋肉つけたいけど

動くのやだし。。。

お腹空いて材料整ってるけど

作るのめんどくさいし。。。

晴れて欲しいけど

日焼けしたくないし。。。

 

って言ってるようなもんかな。。。

 

評価と混同してしまうのかもしれない。

他人からの評価

自分自身の評価

これがある程度一致していないと「充足感」が得られにくいのとよく似ていると思う。

 

評価はその人の行動や結果に現れやすいもの

承認はその人そのものに表れるもの

 

自分が好きだと思う自分が

他人も好きだとは限らない

 

自分では評価に値すると思うことが

他人が評価するとは限らない

 

人は自然とこの「承認と評価」を求めてしまうのかもしれない。。。

 

 

求めず生きたい。