読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの場所

たくさんの出会いと別れがありますが、いつもここに居るんだな。と見てやって頂ければ幸いです。

気持ちの余白



f:id:Chois:20170405215618j:image

ある日玄関の扉を開けると♪

 

 

 

天赦日【てんしゃにち(び)】

日本の暦のうえで最上の吉日とされる日

【百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため天赦日にのみ「万(よろず)よし」】とされているためです。

1年に5〜6回程度しか巡って来ないため、貴重な開運最強日とも言えるかもしれない。

 

だそうで、

2017年の3度目の天赦日が

5月7日(日)

なのだそうです。

 

本日

その天赦日を記念すべき

開店日とするべく、

着々と準備をなされている方の

開店準備の打合せでした。

 

 

いろいろな業種の

オープンに

携わらせて頂き

 

人からパワーを頂き

また人へと繋いでいく。

 

ワクワクするアイデア

話している時

とても楽しい♪(*´ω`*)

 

もちろん楽しいことばかり

起こるわけじゃない

(当たり前なんだけど。。。)

そこを乗り越えられるか

乗り越えられないかは

スタート時点での

目標の置きどころの

差が大きいと思っていて

 

今こんな大変な事が目の前に

起こっている(嬉しくはない)

それを先に想像する

自身の目標が支えてくれる。

 

のだと思う。

 

何もないまま

進んでいても

何か大変な事が

その先に自分を

繋いでいく。

 

突然の大変な事態を

楽しく迎え入れられる

 

そんな風に思えるには

その先に想像する

自分のワクワクする

姿をイメージできる

気持ちの余白が

いるのだと思っている。

 

 

 

【今日のチビからのひと言】

未来に向かってだけ

頑張っていればいい

 

 

いつもは私が何かポロッという言葉に3人で話が湧くんだけど。。。今日は反対に言われちゃったことで湧いた( ・ิ_・ิ )

 

ひと言だけで聞くと「お〜!!」ってなるんだけど、今回はσ( -ω- ; )

以前行った場所を覚えていない下のチビに私と愛娘2人して「もう忘れたん?」とシンクロで放った言葉にチビが答えたひと言。。。

(う〜ん。。。言い訳だな)(。-`ω´-)ンー

 

 

 

そうなる。の一部


f:id:Chois:20170403233514j:image

 

 

 

こうしたいと思ったら

ここをこうすると

そうなる。

 

これを完璧に信じている訳で

 

信じはじめてから

おかしなことにならない訳で

 

何となく

無くなってきて

 

こうしたい

とはっきり

思ったことを

 

こうします

と的確に

伝えることで

 

そうなる。

と思ったとおりに

帰ってくる

 

ようになった訳です。

 

これは機械の操作

だけではなく

 

殆どのことに

(仕事なんかは特にかな)

当てはまるんじゃないか?と

 

今では思っています。

 

あんな方法

こんな方法

 

なんかではなくて

 

こうしたいから

こうすれば

そうなる。

を信じてる?

 

ってことかな。ウー(´-ω-`)ーン

 

その時残念に見える

結果を招いても

ホントに残念なのかは

分からないし

 

一時的に嬉しい出来事に

見えるだけのものもあるし

 

 

ネガティブな結果だと

自分が思うのであれば

操作(行動や思い)が的確では

なかったのではなく

 

そうなる。

を信じていないんじゃないかな?

 

どこかでうっすらと

自分の操作(行動や思い)を

信用していないんじゃないかな?

 

自分が自分の操作(行動や思い)を

全て信じてあげられれば

そうなる。

という結果を見ることが

出来るんじゃないかな?

 

 

こうしたいと思ったら

ここをこうすると

そうなる。

 

楽しみたいと思ったら

楽しくあろうとすると

楽しくなる。

 

これくらい

自分の操作(行動や思い)って

簡単なんじゃないかと

思っている訳です。

 

タイガー・ウッズさんが

相手のショットの時

『入れ!!』と願う

と言う話は有名です。

 

自分の願いを

念じている訳ですね。

 

自分の願いを

信じている訳ですね。

 

それでも理不尽なことや

嫌だと思うことが

やっても来ます。

 

 その部分も

そうなる。の一部

であると

信じられますか?

 

 

 

「覚悟」の勘違い。


f:id:Chois:20170402010305j:image

3ヶ月ぶりの海♬

 

 

てき‐しょく【適職】

その人の能力・才能などに合った職業。

「適職を選ぶ」

 

てんしょく【天職】

〔天から与えられた職務の意〕

その人の性質・能力にふさわしい職業。

「教師を-と考える」

神聖な職業。特に、天子が国家を統治する職務。

江戸時代の遊女の階級の一。天神てんじん。

(大辞林 第三版の解説)

 

 

何が向いてるかって?

やってみなきゃ分かんないよ。

頭の中で考えていないで

飛び込んでみようよ。

出来るか出来ないか

ではなくて

続けられるか続けられないか

 

続けられなかったら

向いてないのか?

んなこたぁない。

 

たまたまだよ。

 

 

十数年前。。。

 

 

 

「わしはお前と親父のどちらについてったらええんじゃ?」

 

独り身になった親父の家業を

専属で手伝いながら

その真似事で生計を立てていた私に

ひとりの古物商が突然

大真面目に聞いてきた。

 

昔ながらのやり方の親父

新しい方法を取り入れ

その真似事をする私

 

やり方の違いがその質問を招いた。

 

はじめはそう思った。。。

 

(えー!!!そんなの分かんないや)

 

言いかけたが。。。

 

大きなグリグリした目で

じーっと見つめられ(ㆆωㆆ)

 

(まずいな。。。真剣だ。どうしよう(T^T))

 

頭の中がフル回転(。-`ω´-)ンー

 

幼少期から当たり前のように

見てきたこの世界を

遡って振り返る。。。

(もちろんそのグリグリ目も居る)

 

任侠映画かVシネマ

そんな光景が蘇る。

 

(やり方の違いで聞いてるんじゃないな)

 

質問の真髄が分かったような気がした。

(ホントのところは未だに分からない)

 

後継ぎだ

 

私には向いてないと思った。

親父にもその気はなかったと思う。

(今は引退している)

 

「私、そのうち嫁に行くから」

(継がないよと言いたい)

と答えると

「分かった。ええ嫁になれ」

(伝わったのか?)

とだけ答え

グリグリした目を古美術品に向けた。

(おーい!ホントに伝わったのか?)

 

 

かくご【覚悟】

( 名 ) スル

危険な状態や好ましくない結果を予想し、それに対応できるよう心構えをすること。 「決死の-」 「危険は-の上だ」 「 -はできている」

〘仏〙 悟りを開くこと。

知ること。 「郎従小庭に伺候の由、全く-仕らず/平家 1」

覚えること。 「本歌を-す/徒然 238」

観念すること。あきらめること。 「がつきめ、御意ぢや-せい/狂言・武悪」

(大辞林 第三版の解説)

 

 

嫌だったわけではない

あまりにも当たり前に

そこに居ただけ

 

何が起こっても

(かなりやんちゃな事があったりした)

皆に守ってもらってたんだ

 

私はその世界から身を引いた

 

向いてない

んではなくて

覚悟ができなかっただけ

 

 

その時覚悟のなかった自分が

恥ずかしくもあり

それを取り繕うべく

何事にも取り組む姿勢が変わった。

 

「あの答えは間違いなかった」

 

そう言うために

後悔しないために

自分の選択を肯定するために

良き出来事とするべく

姿勢が変わった。

 

そして数年後

「あの答えは間違いなかった」

胸を張って言えるようになった。

 

(今となってはこれも無理やりだな)

 

 

そしてあの時の覚悟

後継ぎとして立派にやっていく覚悟

ではなくて

今まで通り守り続けてもらう覚悟

がなかったんだと

 

自分の勘違いを

かなり後に気付くことになった。

 

 

 

【今日のチビへのひと言】

あなたは今自分自身を生きているから

 

私が人に自分の時間を惜しげもなく使うことについて、「私にはそれが出来ない」と愛娘に言われた時にでたひと言。

(褒めてくれるの嬉しいんだけど。。。内容ちゃんと伝わってるのか?)

もも筋を鍛える(๑•̀ㅂ•́)و


f:id:Chois:20170330233456j:image

お楽しみの夏の空♬

 

 

暖かくなってきました(*´艸`*)

 

もう暖房ともさようなら

熱く熱く話してると

汗ばむようになった。。。

 

暑いのは苦手

なのに

夏の空は特に好き

 

 

3月ももう終わり

とうとう新年度の始まりだ

 

新しい環境

新しい生活

新しい職場

新しい学校

新しい制服

 

それぞれが始まる

 

漕ぎ始めの車輪は重い

思いきり体重をのせて

踏み込む

次もまだまだ力を入れて

踏み込む

はじめのうちはこれが続く

漕ぎ始めが上り坂の時もある

それはそれはもう大変(T^T)

 

そのうち少し慣れはじめ

勢いもつき

ペダルが軽く感じるようになる

 

軽くなったと思ったら

上り坂なんかに出会う

またまた踏ん張り

踏み込んで登る

登る

登る

。。。

 

 

ん?

 

回り道はなかった?

どうしてもこの道じゃないと

ダメなの?

 

遠くなるけど

なだらかな道もある

 

少しとまって

休むという手もある

 

「そこに山があるから。。。」

なんて

好きでないなら

そんなに無理して

登らなくても

いいんじゃない?

 

のんびり脇道それて

遠回りしても

 

シート敷いて

寝転がって休んでも

 

いいんじゃない?

 

出来事がそう教えてくれる。

 

進みたくても進めなければ

「とまってみれば?」

なんて言われてる。

 

まっすぐ進みたくても

進めなければ

「回り道してみれば?」

なんて言われてる。

 

時には後ろに戻らないと

いけなかったり

ちょっと飛び越えなければ

いけなかったり

 

「こうしてみれば?」

と出来事がアドバイス

してくれる。

 

 

今起こってる出来事が

教えてくれている。

 

平和なときは

気持ちの良い

下り坂を

サァーっと

下ってるんだろうな♪

 

私は今平坦な道なのに

一生懸命漕いでいるのかもしれない。

 

次の上り坂を真正面から登ってやろうと

もも筋を鍛えている(๑•̀ㅂ•́)و

いつもの場所



f:id:Chois:20170329184951j:image

いつもの場所♬

 

 

いつもここに居る。。。

お休みはもちろんあるけど

いつもの存在。

 

いつもの風景

いつもの面々

いつもの道路

 

学生時代

この「いつも」が嫌だった。。。

 

刺激がなくて

飽きてきて

つまらない

 

何も変わらない恐怖

毎日が同じ。。。

 

そんなことを思っていた。

(変化を求めて馬鹿なこともしたな。。。)

 

そこから

いろいろなことを体験し

いろいろなことを学び

いろいろなことを知った

(たくさんの人にお世話になりました)

 

そして

 

「いつも」の存在に

安心できるようになった。

(今は大好きです♬)

 

当たり前に

「いつも」は居てくれない

 

自分の手で

守り

育み

維持し

時には自ら手放すこともある。

 

大切にしていても

突然失う時もある。

失わざるを得ない時もある。

 

家庭であり

人であり

場所であり

仕事であり

職場であり

家族であり

 

いつ終わるか分からない

「いつも」と付き合う。

 

当たり前にあって

逃げると寄ってきて

突き放す。

 

それも正解

 

当たり前ではなくて

自分で育み

大別に扱う。

 

それも正解

 

どちらも私。

 

今の私は

誰かの「いつも」

 

突き放されようとも

愛されようとも

憎まれようとも

好かれようとも

関心があろうとも

関心がなかろうとも

 

繰り返される「いつも」を

胸を張って過ごしている。

 

いつかやってくる

変化を受け入れる時まで。

 

 

このブログの応援メッセージを

頂いたりします。

自分の中の「私」が

喜んでいるのが分かります♪

 

(私が嬉しいです♪)だと

しっくりこない感じなので

変な表現にはなりましたが、

上記の方がピッタリな感じでした

(*´ω`*)

「生きている」





f:id:Chois:20170328010811j:image

ある日の帰り道風景♪

 

 

昔嫌いだった毎日の通勤道中。

 

今の通勤道は毎日色んな顔で

出迎えてくれる(*´ω`*)

朝の顔

夕方の顔

何かを頂いている気持ちになる♪

 

 

 

熱中症に注意】
気象庁の長期予報によりますと、来月からの3か月間は暖かい空気に覆われやすく、期間の中ごろから後半を中心に全国的に気温が平年並みか高くなると予想されています。気象庁は暑さになれていない時期から高温が予想されるとして、早くから熱中症に注意するよう呼びかけています。(NHK NEWS WEBより1部)

 

 

 

新年度が始まる。

 

今年はどんな年度になるんだろう。

 

 

ガラリと環境の変わる時

それはもう幾度と体験してきた。

 

望んで変化を求めた時もあれば

望まずとも変化が訪れる時もある

 

望んで変化を求めても

良い結果とは限らない

望まず変化が訪れたからといって

悪い結果とも限らない

 

良いこと

悪いこと

区別する事なく

ただ受け入れていく。

 

 

良いのか

悪いのか

なんて

 

たまたましんどいなって思う時は

「あれのせいで」と

悪いと感じ

 

たまたまご機嫌なときは

「あれのおかげで」と

良いと感じる

 

 

だけのこと。

 

 

なんとも心というものは

退屈知らずなんだろうな。。。

 

ザワザワしたり

平穏だったり

怖かったり

勢い立ったり

喜んだり

悲しんだり

 

いつも同じだと

退屈になって

何かを感じるように

仕向けてるのか!?

なぁんて思う。

 

いつも平穏。。。

もある意味退屈

いつも悲しい

もある意味退屈

 

飽き性だと

コロコロ変化する方が

性に合っていたり

するのかな。

 

それを出来事と結びつけて

変化に対応していく形で

楽しんでいる。

 

楽しんでいる!?

 

嬉しい

楽しい

平穏

幸せ

 

ばかりだと比べるものが

なくて「良い」

が感じられなくて

 

悲しい

悔しい

辛い

不幸

 

なんかの「悪い」

を引き合いにだして

 

やっぱり楽しんでいる( ・ิ_・ิ )

 

幾度となく大きな大きな

変化を受け入れてきた自分

 

めっちゃ楽しめてるやん♪(๑•̀ㅂ•́)و

 

この楽しみから

 

「生きている」

 

を感じとる。

優先順位の確認

f:id:Chois:20170325143353j:image

卒業アルバム♬

 

 

「面倒だな。。。」

 

と、たまに思うことがある。

 

うちでは

「めんどくさいは言わない」

と決めていて

その代わりの言葉探しをする。

○○なので

△△だから

なんて違う言葉をチョイスする。

ひとつのゲームみたいなもの

なんだけど

 

。。。

ごくたまに

それすら「面倒」だと思う時がある。

 

めん‐どう〔‐だう〕【面倒】 の意味
出典:デジタル大辞泉
[名・形動]
1 手間がかかったり、解決が容易でなかったりして、わずらわしいこと。また、そのさま。「―な手続き」「―なことにならなければよいが」「断るのも―だ」「―を起こす」
2 世話。「この子の―をお願いします」
3 体裁がわるいこと。見苦しいこと。また、そのさま。

 

 

そんな時は大抵

頭の中の整理がついていない。

 

フォルダの中がごちゃごちゃに

なっていて、必要なものが

すぐに取り出せないような感じ。

 

昔のようにイライラはしない。

 

が、

頭を使ってする事を

チョイスしたくなる。

当然行き詰まって

時間がかかり

結局なかなか進まない

それでも振り絞る。

 

 

考えなくても出来る作業

から手を付ければ進むのに。。。

 

それでも進まない方の選択をする。

変更はしない。

もちろん最低限の

「しないといけない事」

だけはこなさないといけないが。。。

 

 

ひとつづつ淡々とこなせば

少しづつ片付くのに。。。

 

以前はそこに切り替えていた

 

気持ちを奮い立たせて

とにかく動く

淡々と作業をこなして

頭を使うことを

後回しにする。

 

なるほど

「しないといけない事」は

次々と片付き

あらためて

「よし!!!」と考え始める。

 

始める。。。

 

始まらないσ( -ω- ; )

 

追い詰めなければ

動こうとしないこの脳みそと

長い付き合いをしてきて

自分を知った。

 

行き詰まりながらでも

向かうものは

「したい事」

 

淡々とこなす作業の

「しないといけない事」

が後の褒美となる。

「ここ乗り越えたら考えなくてもいいんだ♪ただ動けば片付くんだからなぁ〜」

て事かな( ・ิ_・ิ )

 

 

「しないといけない事」

「したい事」

 

 

優先順位を自動的に

チョイスする。

 

自分のために

「したい事」

を優先する。

 

そうすると

「しないといけない事」

まで楽しみに思える(*´ω`*)

 

「面倒」な気持ちは

自分の優先順位の確認のために

やってくるのだろう。